FORM CO.,LTD.

ISO/Awards

国際標準化機構(ISO)

国際標準化機構

フォルム株式会社
代表取締役 問谷 正利

【基本理念】

自立 自助 自己責任

【会社方針】

一人一人が物造りの原点を見つめ、働きがい生きがいのある職場作りをしよう。

【経営方針】

フォルム株式会社は、技術開発、ものづくりを通して社会に貢献し、生活空間や地球環境まで含めた持続可能性を追求する。

  • 1)技術開発に裏打ちされた、ものづくりの発展こそフォルム株式会社の将来の命運を左右する基本的な条件。
  • 2)ものづくりを設計から見直し、工程数の削減やロボットの利用など、技術革新を続ける。
  • 3)たゆまぬ技術開発、ものづくりの研鑽はつまるところ「エコ」につながる。

【品質方針】

顧客から見た最適サプライヤーを目指し、顧客から満足される品質実現を図ろう

  • 1)不良よさよならミーティング
  • 2)最終製品の機能まで拡大した知識教育
  • 3)会社全体の流れの中における工程の役割の把握
  • 4)固有技術、管理技術の伝承
  • 5)暗黙知の形式知化
  • 6)ダラリを隠さない風土作り

【行動指針】

■自工程完結

  • 1)前工程からしっかりと情報を入手し、横と連携して後の工程に最高の品質の仕事を手渡そう。
  • 2)もっとスクラムを組め。開発、設計、生産技術、設備そしてものづくりの現場の人達がいっしょになって考えよう。
  • 3)技術、製造、販売、サービス、管理などすべての仕事に適用する。

2016年1月1日
フォルム株式会社
代表取締役社長 問 谷 正 利

【環境方針】

■基本理念

地球環境の保全が社会を構成する企業人として重要課題の一つであることを認識し環境への影響を考慮して行動することを基本とする。

■環境方針

フォルム株式会社は、地球環境に影響を及ぼすトラック・バス等の部品生産工場であることを自覚し環境問題に強い関心を持ち、産業廃棄物の低減・大気・水質の汚染防止・省エネ等地球環境と地域社会に調和した環境保全に努める。次の5項目の「行動指針」を定め、事業活動を行う上で必要な全ての人に周知し環境改善活動を継続的に推進する。

■行動指針

  • 1)生産事業の全ての過程における活動が環境に与える影響を的確に把握し、環境影響負荷低減の為に環境マネジメントシステムを有効に活用し、全社的な環境目的・目標及び計画を定め、見直しを行ない継続的な改善を図る。
  • 2)当社が行う生産事業活動が環境に与える影響の中で下記の項目について特に推進を図る。
    • ①大気・水質への環境負荷の低減。
    • ②天然資源の有効利用及び再資源化。
    • ③省エネ推進により地球温暖化の抑制への貢献。
    • ④廃棄物の適正な管理と再資源化。
  • 3)環境関連の法規制及び組織が同意する要求事項を順守することを誓い、技術的・経済的に可能な範囲で汚染の予防に努める。
  • 4)環境教育と環境目的・目標を通じて、全従業員へ環境方針の理解と改善活動等の実績を周知することによって、意識向上と見直しを図ると共に、地域社会に貢献する。
  • 5)当社の環境方針は、一般の人が入手する事を可能とし要求が有れば公開する。

2016年9月1日
フォルム株式会社
代表取締役社長 問 谷 正 利

【主な賞歴】

優良納税法人平成20年11月神奈川県税事務所様より
労働局長奨励賞(安全)平成22年 7月神奈川労働局様より
港北警察より感謝状平成23年 2月港北警察署長様より
横浜環境行動賞 3R優良事業所平成23年11月横浜市長様より(以降、毎年継続認証中)
茨城県エコ事業所 AAAランク認定平成25年 6月茨城県知事様より(以降、毎年継続認証中)
神奈川労働局長表彰 優良賞(安全確保対策)平成25年 7月神奈川労働局長様より